ようママブログ

私が妊娠中、出産後、子育て中に実際に経験してきた「苦労したこと」、「悩んだこと」、「工夫したこと」を中心に紹介していくブログです。

*

出産祝いが原因で険悪に!?知らないと恥をかく出産祝いの全知識

      2015/06/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして!
ブログ管理人のようママです。

このブログは私が妊娠中、出産後、子育て中に実際に経験してきた「苦労したこと」、「悩んだこと」、「工夫したこと」を中心に紹介していくブログです。

今回は「恥をかかないための出産祝いの選び方」を紹介します。

あなたは、出産祝いのマナーに関して、今どれだけの知識がありますか?

もし、あなたが「出産祝いにどんな物でもプレゼントとされたら喜んでくれるんじゃない?出産祝いにマナーなんて関係ないよ!気持ちの問題だよ。」と考えているのであれば、要注意。

出産祝いを選び間違えると、人間関係が険悪になってしまう可能性があります。
なぜなら、出産祝いには、贈られても「迷惑な品」があるからです。

出産祝いは多くの友人や知り合いから贈られるため、「品がかぶってしまう」、「趣味と合わない」、「貰っても使い道がない」などが原因で喜んでもらえずに迷惑がられることがあります。
また、産後の相手の体調が回復していないのに訪問するのはマナー違反。

たとえば、ベビーチェア。
今時じゃないデザインでインテリアに合わない、重くて使い勝手が悪い。
あなたはプレゼントされたらうれしいですか?
うれしくないですよね・・・(汗)
もらった相手も同じ気持ちで迷惑がられてしまうでしょう。

そこで今回は、私やママ友のもらって嬉しかった出産祝い、贈って喜ばれたおすすめのプレゼント、実際に私が貰って迷惑に感じた出産祝い品を紹介したいと思います。

嬉しかった出産祝い

相手のことを考えていない出産祝いはNG!贈って喜ばれる出産祝い品を知ろう!

実際に私が「もらって嬉しかった、贈って喜ばれた」、「もらって使わなかった、うれしくなかった」出産祝い品を取り上げて紹介しています。

実際にもらって嬉しかった出産祝い

●万能ガーゼケット
万能ガーゼケット

人気のガーゼケットはおくるみとしてはもちろん、授乳ケープ、ベビーカーの日よけ、おむつ替えの時に敷いたりと使い勝手がよく重宝しました。

ジャブジャブ洗えてすぐ乾くのも魅力。
何枚あって助かるママ友間での定番アイテムです。

●音がなる絵本とやわらかい布製絵本
音がなる絵本

何冊あっても嬉しく、赤ちゃんも夢中で遊んでくれました。
特に「ぐずった時」や、「車や電車移動の時」、あやすのに助かりました。

●ベビー服

ベビー服

ベビー服は好みなどの問題もあり人によっては贈ってもらって迷惑な出産祝い品になってしまう場合もありますが、私はもらって重宝しました。

●私がもらって嬉しかったベビー服のポイント

  • 自分では買わないハイブランドのベビー服、おでかけ着。
    成長が早い時期に自分では買うことがない高級品だからです。
  • 長く着られる70~80cm(1歳~1歳半)のベビー服。
    特に2WAYオールとベストを重宝しました。
    2WAYオールは股のスナップの留め方によって、ドレスオールにもカバーオールにもなり、新生児時期から長く使えます。
    ベストは季節の変わり目、温度調節に活躍してくれました。
    ※70〜80cmサイズがおすすめ!成長が比較的安定する時期なので長く使えます。
  • 靴下、スタイなどの消耗品。
    消耗品はたくさんあっても困らないので重宝しました。

●もらって迷惑になってしまう場合

  • 新生児用の服。(サイズ:50~60cm)
    新生児期は成長が早く、すぐに服が着れなくなってしまうからです。
  • デザインが複雑で着せにくい服。
    オーバーオールなどの形は着せるのが面倒です。
    着脱が簡単な服がおすすめです!
  • キャラクター系や着ぐるみ系の子ども服。
    好みの問題もあるので、シンプルで当たり障りのないデザインのベビー服がおすすめです。
●おもちゃ
おもちゃ

おもちゃは赤ちゃんがもらって一番喜ぶ贈り物です。

「おもちゃは成長したらすぐに遊ばなくなってしまう」と考えていたこともあり、進んで買え与えることを躊躇していたので、たくさん頂いて嬉しかったです。

●私がもらって嬉しかった玩具のポイント

  • シンプルで、安心素材(オーガニック、木製、タオル地)のおもちゃ。
    赤ちゃんはなんでも口の中にいれようとするので、安心して赤ちゃんに渡せるおもちゃんが助かりました。
    ※タオル地のおもちゃは柔らかくて、安心して赤ちゃんに渡せるのでおすすめです。

おもちゃを贈る場合に注意点があります。
それは、家庭によってはもらって迷惑な出産祝い品になるということです。
理由は、おもちゃを貴重な学習教材と考えている両親もいるからです。

贈って喜ばれた出産祝い

12ヶ月写真立て

●実際に私が出産祝いに贈って喜ばれたプレゼント

  • 写真立て、手足型メモリアルグッズ
    「12ヶ月写真立ては、毎月写真を入れるのが楽しかった。」「一目で1年間の成長が見られるので宝物になりました。」などの喜びの声を頂きました。
  • 食器
    「離乳食を始めたときに、食事をあげるのが楽しかった。」「幼児期まで長く使えた。」などの喜びの声を頂きました。
  • 赤ちゃんの名入りのマザーズバック
    子供の名前が入った物は格別!大切に使えます。

もらっても使わなかったり、嬉しくなかった出産祝い

実は頂いたけど、使わなかった出産祝いもあります。
ママ友や私が実際にもらって使わなかったり、嬉しくなかった出産祝い品を紹介していきます。

●ベビーシューズ
よく、オブジェになったベビーシューズをママ友宅で見かけます。

「靴のサイズが小さくて、歩き始めた時には、ほとんど履けなかった。」などのサイズ違いや、
「革や固い素材の靴は履きづらくて、1度も履かずに終わってしまった」なんて声もよく聞きます。

ベビーシューズをプレゼントしたい時は、柔らかく、くるぶしを固定しない履きやすい物を選ぶ。
また、歩き出すのは早くても1歳前後なので、9cm〜12cm(半年から1歳程度)のものを選ぶのがおすすめです。

●ベビー帽子
頭のサイズは個人差があるので、「ほとんど活躍せずに終わった」
帽子を被るのを嫌がる赤ちゃんが、意外と多いことも使えない一因になっています。

●おむつケーキ
「可愛いけど、崩すのがもったい」「もったいなくておむつが使えない」「おむつがむき出しで入っているので衛生面で抵抗を感じる」などが理由です。

おむつケーキを贈る場合は、使えるベビーグッズが入っている「おむつ+αのケーキ」なら喜ばれますよ。

●お金
親、親戚、兄弟からはお金をもらいますが、他人からお金をもらうことはほとんどないと思います。
お金を渡されても逆に「味気ない」、「冷たい」と印象を持たれる場合もあります。

●商品券
お金同様、「なんだか寂しい気持ちに」なんて意見も。
商品券を友達から相場以上にもらってお返しに困ったという話も聞いたことがあります。

※お金や商品券を贈る場合は、お菓子や小物を添えて相場の範囲内の金額を贈るのがおすすめです。

マナーにそって出産祝いを贈ろう!

人間関係にヒビがはいらないため、恥をかかないためにも出産祝いの「贈るタイミング」「金額相場」、「マナー」、「時期」、「のし」の基本的なマナーについて知っておいてくださいね。

出産祝いはいつ渡す?渡す時期のマナー

一般的にはお七夜といわれる生後7日目から、30日以内に出産祝いを贈ります。

多くの家庭では、生後一ヶ月前後で行うお宮参りの前後に、出産祝いのお返し「内祝い」をします。
相手の内祝いを一度で済ませられるように、30日以内となっています。

実際に出産祝いを贈る場合は、自宅訪問や面会時のマナーなどを考え、相手の迷惑にならないように注意する必要があります。

自宅に伺う場合

自宅へ出産祝いを持って行く場合は、産後2・3週間以降で、ママさんの体調が回復してから伺うのがベスト!
ママが落ち着いて都合の良い時を前もって確認してくださいね。
伺った際も、ママに無理をさせないように長居は避け、短い時間でお祝いの気持ちを伝えましょう

でも…実際は里帰り出産や産後を実家で2、3か月過ごす人も増えて、なかなか会うことが出来ないこともあります。
そんな場合のおすすめ対処法は3つあります。

1.産後、数日経ってから病院へ面会に行くタイミングで渡す
病院に行くときは、家族以外でも面会できる時間帯とママの体調や都合を前もって確認してから面会に行くようにしてください。

産後のママは赤ちゃんと2人きりの時間が長く気持ちが煮詰まり気味。
そんな時の面会は気分転換になります。

でも、生まれてすぐは授乳の感覚が2-3時間と忙しいので面会は短めにしてあげてください。
私自身も授乳中に面会の方にカーテンを開けられて、慌てた思い出があります。

病院によって家族以外は面会できない場合もあるので必ず確認を。

2.自宅に戻って生活に余裕が出てきたら訪問、または外出先で会えた時に渡す
出産から数ヶ月、ママの体力が戻り、赤ちゃんとの生活に慣れてきてる頃かもしれません。
ゆっくり話しつつ赤ちゃんとの対面も楽しんでくださいね。
3.会えるタイミングがわからない相手、30日以内に贈りたい相手には配送がおすすめ!
最近では出産祝いを直送するケースも増えているそうです。
夫も仕事の関係の人には、よく会社へお祝いを送っています。

お祝いは通常、持参して渡すのがマナーと言われますが、出産祝いは配送しても失礼にはあたりません。

最近は以前ほど、時期に対するこだわりはなく、お互いのよいタイミングでお祝いをしても問題ありません。

渡すタイミングを逃した場合

「もし遅れてしまったときはどうしたらいいの?」という時。

たとえ遅れたとしても、お祝いの気持ちを伝えられて、嬉しくない人はいません!!
遅れたお詫びと心からのお祝いの言葉を添えて、少し先まで使えるものをお贈りすると一層喜ばれるかもしれません。

お誕生から半年以内だったら「出産祝い」として送って大丈夫。
出産から一ヶ月年経った場合は「誕生祝い」として送りましょう。

出産祝いの相場・予算のマナー

出産祝いの相場を把握しておくことで、自分の負担を減らせるだけでなく、相手の負担も減らすことができます。
なぜなら、高額なものを贈ってしまうと相手に気を使わせるだけでなく、お返しの「内祝い」の負担にもなります。
逆に、相場より安いものを贈ってしまうと、あなたが内祝いのお返しをもらうときに気が引けてしまいます。
そういった問題を避けるためにも出産祝いの相場を知っておく必用があります。

あなたとの関係 金額
兄弟・姉妹 1~3万(現金、商品券、服、おもちゃ、食器など)
親戚・いとこ 3千円~1万円(現金、商品券、服、おもちゃ、食器など)
同僚・会社関係 3千円~1万円 職場でお金を出し合って
友人・知人 5千円~1万円 共通の友人がいる場合は出し合って

※地域や会社、親密度によって変わってくる場合もあります。

正しいのし(熨斗)の書き方

お店で出産祝いを用意した場合、「のし」をお願いすれば、名前まで書いてもらえます。
もし、自分で「のし」を用意する場合は間違えないようにしてください。

熨斗の書き方

  1. 表書き
    「御出産祝」「御祝」「御出産御祝」「祝御出産」など
    水引の上部、左右の中央の位置に書きます。
  2. 贈り主の名前
    名前は通常は苗字だけのほうがスッキリします。表書きと同じように中心にバランスよく。
    職場で贈る場合は〇〇一同と書きましょう。
  3. 熨斗(のし)
  4. 蝶結び(別名/花結び)結び直しができるので、何度あってもいいお祝い事に
    出産祝いの水引は、蝶結び(花結びともいう)の形のものを使用します。

水引(みずひき)の形が蝶結びになっているタイプの「のし」は、結び目が何度も結び直せることから、何度繰り返してもいいお祝い事や御礼などに用いられます。

正しいご祝儀袋の書き方

現金は必ず封筒や包み紙などの中袋(内袋)に入れます。
意外と知られていないのが中袋の書き方。

中袋(内袋)の書き方

ご祝儀袋

  • [表]金額は縦書きで旧漢数字を使い、頭に「金」を書きます。
  • [裏]住所と名前を記入します。(住所は普通の漢数字で良い)

旧漢字の例

※住所や金額の欄が印刷されているものはそこに記入し、横書きの数字は通常の数字を書きます。

意外と悩む二人目の出産祝い

ベビーグッズが揃っている二人目の出産祝いは一人目の時より悩みますよね。
でも、生まれてきた赤ちゃんをお祝いする気持ちは何人目でも変わりません。

最初の子と同じ気持ちでお祝いするのがマナー。
お下がりが沢山あるのでは?と考えてしまいますが、かぶったとしてもその子への新しいプレゼントが喜ばれます。
また、男の子と女の子で必用になるものも異なってきます。

兄弟でお揃いの洋服や帽子などの小物などもおすすめです。
なにがいいか迷ったら、リクエストを聞いてみてもいいかもしれません。

最後に。相手への「おもいやり」の心

出産祝いには多くのマナーがあり、贈り物によっては「喜ばれるもの」と「迷惑になるもの」があることを知っていただけたと思います。
ただ、これらの複雑に見えるルールは、1つのポイントさえ守れば簡単なことです。

それは自己満足にならないように、贈る相手のことを考えた贈り物、マナーを守ることです。
つまり相手への「おもいやり」の心
自分が相手からされたら嫌なことは相手も迷惑に感じます。

出産祝いは赤ちゃんへの最初の贈り物。
喜ばれる最高のプレゼントを見つけてくださいね。

 - マナー, 出産 , , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでようママをフォローしよう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※セキュリティのため下の計算式を完成させてください(半角数字) * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

  関連記事

結婚式で恥をかかないために知っておこう!結婚式マナーの全知識

こんにちは! ブログ管理人のようママです。 今回は、結婚式に出席する際に「恥をか …

出産準備にかかる費用を大幅に節約できる!本当に必要な出産準備品リスト

こんにちは! ブログ管理人のようママです。 今回は「本当に必用な出産準備品リスト …

えっ!お年玉あげたら怒られた!?お年玉の相場とマナーの全知識

こんにちは! ブログ管理人のようママです。 そろそろお正月ですね。 お正月には親 …

妊娠して慌てないために覚えておこう!出産助成金の全知識

あなたの周りに、出産、育児にかかる費用が心配で妊娠・出産を不安に思っている家族や …

えっ!男の子の七五三のお参りは5歳だけじゃない!?七五三を成功させるための完全マニュアル

こんにちは! ブログ管理人のようママです。 11月といえば七五三のお参りの時期。 …